前へ
次へ

フラミンゴが赤いのは何で?

青山の不動産の下見で部屋の状態をチェックするときには、いろいろな面から見ておくことが大切です。間取りや広さ、導線などはもちろんのこと、照明からトイレ、浴室、キッチンまでくまなくチェックしましょう。設備面も大事ですが、傷や損傷している箇所も見ておく必要があります。新築物件では心配ありませんが、退去するときに釘孔などがあると修繕の対象になって敷金から差し引かれることもあるので、前の入居者がつけた傷があれば確認しておくことも大切です。下見のときに青山の不動産屋さんと一緒に確認をして、さらに写真などを撮っておけば確実です。気になるところがあったら入居の際には修理をお願いしましょう。また室内だけでなく玄関周りやベランダなどの周辺も入念にチェックしておくことが大切です。

top用置換

top用置換2
Page Top